前へ
次へ

転職で営業求人を探すときの法人と個人の違い

各家庭で買い物をするときには個人で購入することになります。
車や住宅など大きな額の買い物もありますが、通常はそれほど大きな額の買い物はしません。
一方会社となると設備投資をしたりたくさんの仕入れをするために大きな買い物になるでしょう。
物の売買があるならその間に人が介していることが多く、その職種として営業職があります。
転職において営業求人を探すときには個人を相手にするのか会社などの法人を相手にするのかの違いを知っておきましょう。
個人営業と法人営業においてはまずは販売額が異なります。
個人にはあまり大きな額を売り上げられませんがその分多くの人に売る必要があるでしょう。
一方法人相手だと一件当たりの額が大きくなり件数を売る必要はなくなります。
その分一つの相手に対してじっくり営業活動しなければいけません。
転職で営業求人から探すときに法人向けの営業なのか個人向けの営業なのかを確認しておき、自分の希望に合うところを選びましょう。

Page Top